任意整理後、クレジットカードが作れる人と作れない人の違いとは?

任意整理後、クレジットカードが作れる人と作れない人の違いとは?

任意整理後、クレジットカードが作れる人と作れない人の違いとは?

ここ数年で、テレビコマーシャルなどの影響で、借金返済に困った人が債務整理という解決手段を取ろうと、法律事務所などを訪問する数が増加傾向にあるようです。一昔前まではこのような情報が浸透していなかったため、苦しい返済に追い立てられ、最悪の結果にいたってしまっていた方もいらっしゃいます。借金問題は必ず解決策があるので、自分ではどうすることも出来ないと感じたら、恥ずかしがらずに助けを求めることが何よりも先決です。さて債務整理には任意整理、民事再生、自己破産などの方法がありますが、中でも任意整理は比較的デメリットが少ないという点から、法律家も勧める解決策です。任意整理後は他の二つの方法に比べて、制限されるものがほとんどなく、官報に個人情報が載せられる心配もないので、信用が失墜することもありません。しかし任意整理後はクレジットカードの新たな申し込みなどは行えなくなるので、5年ほどは我慢をしなければなりません。クレジットカードの申し込みなどの場合、信用機関に問い合わせをされるので、任意整理に関してはその事実は載せられてしまうため、しばらくは却下されます。任意整理後10年ほどたてば、ほぼすべてのクレジットカードの申し込みはできるので、安心しましょう。任意整理をすることで、それまでの返済額も含めて見直し計算がされ、金利カットも行われるため、借金総額がかなり圧縮されることとなり、毎月の支払い額も大幅に減額できます。