任意整理後、クレジットカードが作れるようになるまでの期間は?

任意整理後、クレジットカードが作れるようになるまでの期間は?

任意整理後、クレジットカードが作れるようになるまでの期間は?

任意整理をするというのは金融事故を起こすということになるので、当然、貸金業者からの印象はよくありません。たとえば、クレジットカードの債務を任意整理した場合、そのカード会社のカードを申し込んでも審査に通る確率はほとんどないと言っていいでしょう。任意整理をしたということは、信用情報機関のデータを見れば他のカード会社にもわかるので、しばらく作れない可能性は高くなります。
ただ、ずっとクレジットカードを作れないというわけではなく、任意整理をしてからある程度時間が経つと作れるようになることも少なくありません。
なぜ金融事故を起こしたのにクレジットカードを作れるようになるのかというと、カードブランドと発行会社は違うからという理由が挙げられます。たとえば、Aというカードブランドがあったとして、そのカードブランドのカードであればA社がすべて管理しているのかというとそうではありません。カードブランドはAでも、発行している会社がBであれば、B社が管理しているということもあるのです。
なので、もしB社に対して任意整理を行った場合、同じAのカードを発行しているC社には、その事実は信用情報機関のデータを見ない限りはわからないということになります。なので、信用情報機関のデータが消えてから申し込めば、C社のカードを作れる可能性があるということです。
カードブランドによっては、どの会社から発行されているカードであっても、そのブランドの会社がすべて管理しているということもあるので、任意整理後にカードを作る場合は、発行会社が管理をしているカードに申し込むようにするといいでしょう。