任意整理のデメリット※後悔しないために手続き前に知っておこう!

任意整理のデメリット※後悔しないために手続き前に知っておこう!

任意整理のデメリット※後悔しないために手続き前に知っておこう!

キャッシングやカードローンを利用しているうちに、多重債務となってしまい、返済が困難な状況に陥ってしまう人は少なくありません。
そんな状態から解放されたいと考えた時に行うのが、債務整理です。
債務整理にはいくつかの方法があり、その中でも最もデメリットが少ない方法が、任意整理です。
任意整理とは、現在の借金の状態を見直し、今後の返済をしていきやすい状態にしていく方法です。
現在と過去の借金の状態を見直し、過払い金があれば、過払い金請求を行い、取り戻した利息分を返済に充てていきます。
過払い金が多い人の場合、この段階で借金がなくなる事も珍しくありません。
そして、任意整理とは過払い金請求のみではありません。
過払い金がない、もしくは、過払い金を取り戻しても借入金が残る状態の場合、業者に対して、これから先、借入金の返済をしていく事を条件に、利息をカットして貰えるように交渉をしていきます。
他の債務整理法は、返済義務を免除する、借金を大幅に減額していく事になるのに対し、元金自体の減額がない為、あまり楽にならないのではないかと考える人も少なくないでしょう。
ですが、任意整理とは、ただ利息をカットするのではなく、残った借入金を3年から5年の分割払いで、無理なく返済をしていく状態を作っていくものです。
大幅な借金減額とはなりませんが、多重債務になり、毎月何度も来る返済日に悩まされている状態よりも楽になり、生活の立て直しをしやすくなります。