任意整理は住宅ローンも対象?※家族に迷惑をかけずに解決したい

任意整理は住宅ローンも対象?※家族に迷惑をかけずに解決したい

任意整理は住宅ローンも対象?※家族に迷惑をかけずに解決したい

債務整理の方法はいくつかありますが、そのひとつが任意整理です。任意整理は弁護士や司法書士を通じて債権者に対して債務の減免を求めるものです。基本的には将来発生する金利の支払いを免除してもらうというもので、残った債務を3年から5年かけて分割返済していくというものです。このさいに金利を計算し直すため場合によっては債務が残らないこともあります。任意整理は債権者ごとに個別交渉することができるので、自動車ローンや住宅ローンを分けて債務の減免を求めることができるため、生活に大きな支障をもたらさない方法でもあります。ただしあくまでも双方の合意が必要であるため相手が拒否したら任意整理を行うことができません。
上手く任意整理が出来たその後は残った債務を分割返済していくことになりますが、返済への負担はかなり軽減され生活が楽になります。しかし、債務整理したという事実はその後の個人の信用を大きく傷つけたことになり、約5年間は新規の借り入れが不可能になります。またデメリットとしては債務減免額もそれほど大きくないため、場合によっては再び債務整理を行う必要に迫られることがありますし、弁護士や司法書士に支払う報酬もかなりの負担になります。
ただし裁判所を通して行う個人再生や自己破産よりはその費用は少なく済みますし、自己破産では、その後の生活に大きな影響を及ぼしますが、任意整理はあくまでも話し合いで決着したことなので、生活にそれほど影響を及ぼさないメリットがあります。