任意整理の条件とは?~出来る人・出来ない人の違いは?~

任意整理の条件とは?~出来る人・出来ない人の違いは?~

任意整理の条件とは?~出来る人・出来ない人の違いは?~

任意整理は債務整理の中でも比較的気軽にできるものとされており、また裁判所に対して申し立てをする必要がないということから、債務者への負担も軽くなっています。
債務問題を抱えてしまったが、融資条件を変えてもらうことができれば対応ができるというような状況においては任意整理は活用できるものとなりますが、これは誰でも利用できるというわけではありません。
では任意整理を利用する際の条件にはどういったものがあるのでしょうか。
まず最初の条件になることが「その後の返済が可能な状況にあること」です。
債務整理を行わなくてはならない状況においては、時として収入が完全になくなっているというようなこともあります。
しかしそうした状況に陥ってしまっているのであれば、どれだけ債務を軽くしたところで返済をしていける見込みはありません。
そのため収入が無くなっていたり、契約時点と比較して明らかに悪化しているというような場合なのであれば、任意整理を行うことが難しくなってしまうことがあるのです。
また「返済の意思があること」も重要です。
「返済をしていけるかどうかがわからないけれど、とりあえずまずは任意整理をしたい」というような考え方で交渉に臨んでも、これは債務者と債権者が同意しなくては成立しないものとなっています。
そのため債権者が債務者の態度などを見て「今後自己破産などをするかもしれない」というリスクを感じ取ったのであれば、交渉は棄却されてしまうこともあるのです。
こうしたポイントをしっかりと主張するにはそれなりの交渉術や知識があることが必要になりますから、専門家に依頼することも重要となってくるでしょう。