任意整理と過払い請求って何がちがうの?違いを徹底比較!

任意整理と過払い請求って何がちがうの?違いを徹底比較!

任意整理と過払い請求って何がちがうの?違いを徹底比較!

消費者金融業者などの借り入れサービスを利用している人も多くいらっしゃると思いますが、金融業者から融資を受けるサービスについては利息の返済が大きくなるケースが多いと言えます。
毎月において定められている支払い期限での返済が難しくなってしまうことも多く、そのような場合には法律的な手段をとることも可能です。
法的な借金問題の解決手段としては債務整理の方法があり、債務整理には自己破産や任意整理、個人再生、過払い請求などいくつかの方法があります。
自己破産を行うケースでは自分の持っている財産を処分しなければならない手続きになりますので、一定の収入や財産を持っている人の場合であれば任意整理の方法が主流になっていると言えます。
任意整理であれば裁判を経由しないで消費者金融業者などと直接的に交渉を行うことで、過去の取り引き履歴に遡って金利の再計算を行います。
任意整理の手続きを行っている段階で、取り引き履歴において借金の再計算を行った際に払い過ぎている利息が発生していることがわかったときには、過払い請求をすることも可能です。
任意整理によって発覚した払い過ぎた利息分が借金の元本の金額を超えているときには、それ以上の支払いをしなくて済むこともあります。
過払い金の発生については過去のグレーゾーン金利を適用して融資を行っていた金融業者の場合に見つかることが多く、長い期間において消費者金融業者から借り入れを行っている人の場合には過払い金が発見されて、過払い請求できるケースも増えていると言えます。