任意整理すると官報にどんな情報が載るの?※バレたくない人必見

任意整理すると官報にどんな情報が載るの?※バレたくない人必見

任意整理すると官報にどんな情報が載るの?※バレたくない人必見

債務整理後の生活は、借金が軽くなり気持ちが楽になる反面、さまざまなデメリットがあるので悪影響もあります。
しかし民事再生や自己破産に比べると、任意整理後の生活に及ぶ悪影響はほとんどありません。
民事再生や自己破産なら官報に記載されるので周囲にバレる可能性はありますが、任意整理は官報に記載されないので、債務整理をしたことがバレる可能性は限りなく低いです。
自己破産なら住んでいる家、現金や預金などのお金を失いますが、任意整理ではこれらも失うことはありません。
つまり、任意整理後の生活には、債務整理の悪影響はほとんどないのです。
任意整理後の生活に悪影響を残さないのに、借金が軽くなるのは他の債務整理と同じです。
民事再生や自己破産に比べると軽くなる金額は少ないですが、それでも借金の返済は一気に楽になるでしょう。ただし任意整理後の生活に、まったく悪影響がないわけではありません。
ブラックリストに掲載されてしまうので、ローンを組むことができなくなります。
また、クレジットカードを作ることも利用もできなくなり、ショッピングや公共料金の支払いが面倒になります。
しかし、ローンが組めないことは、基本的に5年から7年ほどすれば影響を受けることはありません。
それよりも、借金が軽くなるに任意整理後は生活を立て直すことが楽になるので、悪影響のことを考えるよりも手続きを進めるべきでしょう。
生活に与えるデメリットよりも、メリットが大きい債務整理の方法です。