任意整理の完済後はすぐに元の生活に戻れるの?~必読ガイド~

任意整理の完済後はすぐに元の生活に戻れるの?~必読ガイド~

任意整理の完済後はすぐに元の生活に戻れるの?~必読ガイド~

高額な資産価値のある財産を所有していても手放す必要が無く、状況に応じて整理対象とする債権者を選ぶこともできる自由度が利点の債務整理ですが、やはり気になるのがその後の生活への影響です。
任意整理を行うことで、その後の生活に影響を及ぼす唯一の要素と言えるのが所謂ブラックリストで、信用情報機関に債務整理を行った情報が登録されることで、新規の借入が出来なくなってしまいます。
この金融事故の情報が登録される期間というものは、行った債務整理の種類や各信用情報機関によって異なりますが、任意整理の場合、この登録期間は5年となっているので、この期間が過ぎて登録情報が消去されれば、再びローン等を利用することが可能です。
この5年という期間に関しては、完済後5年という認識を持っている人も多いですが、実際にはそうではありません。
信用情報機関に任意整理を行った情報が登録されるタイミングと言うのは、実は完済後ではなく債権者に受任通知が届いたときであることが一般的で、つまりこの時点から5年が経過すればブラックリストから消去されるということになります。
任意整理で借金の減額の和解が成立した後は、原則3年間で完済を目指すことが多いですが、状況によっては5年計画で返済を行うケースもあり、その場合は完済後には既に事故情報が消去されているということもあり得ます。
但し、これはもちろん和解案に基づいた返済を滞りなく行った場合であり、滞納などをしてしまうと、登録期間が延長されてしまうこととなるので注意しましょう。