任意整理の手続きの流れを知っておこう※失敗しないために

任意整理の手続きの流れを知っておこう※失敗しないために

任意整理の手続きの流れを知っておこう※失敗しないために

任意整理は、債務整理の種類のひとつであり、消費者金融やカード会社などからの借り入れがたまって返済が困難になってしまった場合に、相手方の債権者との合意によって、借金を減額するための方法のことをいいます。
この任意整理の流れですが、まずは弁護士や認定司法書士といった専門家の事務所にアポイントメントをとり、借金についての相談をするところからはじまります。
この相談は無料で引き受けてくれるところもあり、本人確認のための免許証などの身分証明証や、契約書や手続関係の書類に押捺するための印鑑、さらには借金の契約書やクレジットカードなどといった証拠書類を持参するように求められることが多いようです。
この相談の際には、借金をした相手先、借金の金額や返済の内容、生活に占める借金のウエイトなどを聞かれますが、もし弁護士などの説明やアドバイスに納得がいけば、任意整理を依頼する契約を結ぶことになります。
その後の流れとして、弁護士などの事務所では、以後直接本人への不当な取り立てなどをしないよう債権者に通知するとともに、これまでの借金の明細を取り寄せます。
ここで利息制限法による上限利息を超えるような返済の実態が明らかとなれば、弁護士は法律に基づく上限利息との差額を計算して、その金額を残高から減額するよう債権者に迫るための和解案を作成します。
弁護士とこれら金融機関との交渉によって、和解案に合意ができれば、当事者間で文書をとりかわし、その内容にしたがって、最終的には借金が減額されるという流れになります。